Bonvenon al la 100-a Japana Esperanto-Kongreso, 2013. "Esperanto ligas homajn korojn". 第100回日本エスペラント大会公式ウェブページ

大会の意義

大会の意義

  • 第 100 回日本エスペラント大会が東京で開催されます。
    第1回日本エスペラント大会は 1906年に東京で開かれ、
    130 名が参加しました。
    その後、大会が開かれなかった年もあり、
    2013 年で第 100 回を迎えることとなりました。
     (日本大会の歴史はこちら)
  • 世界エスペラント大会は 1905 年に第1回が開催され、
    同年に第 98 回となります。
  • 国・地域レベルの第 100 回エスペラント大会は
    世界でもまだ珍しいのではないかと思われます。
    東京では過去 33 回、日本エスペラント大会が開催され、
    今回は前回の1994 年以降、19 年ぶりとなります。
  • この記念すべき第 100 回大会を
    東京都江戸川区のタワーホール船堀を会場とし、
    例年より拡大した 4 日間の会期で開催することといたしました。
  • 大会テーマは
    人の心をつなぐことばエスペラント
     -100 余年の歩みから未来へ
    です。
  • エスペラントは、国籍や民族にとらわれずに
    人と人との心をつなぐ言葉として生まれ発展し、
    国際交流・異文化交流の流れを作ってきました。
  • 本大会を機に、100 年を超える
    日本のエスペラントの歴史と成果を踏まえ、
    エスペラントの今後を展望し、
    発展への足がかりを得たいと考えています。
  • 第 100 回大会記念公開講演会
    日本にとってのエスペラント、エスペラントにとっての日本
     -歴史から学ぶ未来への展望
    をはじめとして、多彩なプログラムを計画中です。
  • また本大会には、東京および周辺の一般の方々にも
    多数、会場にお出でいただき、エスペラントとは何か、
    その意義、幅の広さ、深さ、楽しさを
    知っていただきたいと思っています。
  • 国内のエスペランティスト、関係の皆様、
    また外国のエスペランティストの皆様、
    この第 100 回日本エスペラント大会にぜひご参加ください。
    また、ご協力をお願い申し上げます。

a:1807 t:3 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional